夜はよもすがら -ヨーロッパの窓辺から-

アクセスカウンタ

zoom RSS 大晦日の余波

<<   作成日時 : 2016/01/28 08:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

年が明け、2016年が始まって、はやひと月が経とうとしています。


昨年末、29日から30日にかけてフランクフルト近郊に住む友人夫婦が泊りがけできてくれて、30日はライン川沿いを4人で散策しました。
この冬は記録に残る暖冬で、その日もぽかぽかと暖かく、青空が美しい一日でした。

画像


条件さえ揃えば、安物コンデジでも案外いい写真が撮れるものです。
画像


いつか橋が落ちるんじゃないかと心配です?!
画像



31日は午後4時ごろから友人の家に集まって、ソーセージを作り、出来立てをいただきながら和やかに大晦日を祝いました。
        どっさり
画像

          いつもの光景デス
画像

        今回は燻製にしない生ソーセージだけ
画像

        なんだなんだ、このテンションの低さは
画像

                        作業が終わってお疲れムード

        オーブンの中でじっくり焼いていきます
画像


食事を終えて、カウントダウンのために全員外へ。
四方八方から上がる花火をしばらく眺めました。


ところが!!!
そのころ、ケルン中央駅では大変なことが起こっていました。

北アフリカからの移民による集団暴行事件です!

この事件の波紋はその後ドイツ全体に広がり、この国の難民政策さえも変えてしまいました。

難しい問題ではあるし、私自身がここでは外国人。。。今後の成り行きを見守りたいと思います。




個人的には、年が明けてからも静かな日々を過ごしています。

それはとても有難いことだと心から感謝しています。

ありふれた普通の生活ができる、ってすごいこと!

頭の上に屋根があり、毎日ごはんがいただける。。。

これ以上何を望む?



・・・・・・うーん、もう少し頻繁に日本に帰れたら、ねぇ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

大晦日の余波 夜はよもすがら -ヨーロッパの窓辺から-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる