夜はよもすがら -ヨーロッパの窓辺から-

アクセスカウンタ

zoom RSS 落語を外国語で聴いてみたら・・・他

<<   作成日時 : 2013/07/24 02:37   >>

ナイス ブログ気持玉 246 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は出血大サービスで、まさかの2連発


って、ただの気まぐれ、読まされるほうはただの迷惑。。。

す、すみませんっ

今日はたまたま時間があったものですから。。。

す、すみませんっ





結局雨は降りませんでした。

サバさんの真似で、「今日の空」(笑)
画像

雨はどこよ、雨は。

と書いて1時間ほど後、
始まりました、ガラガラゴロゴロ。

でもガラガラゴロゴロだけで、肝心の恵みの雨が落ちてきません。

いつしかガラゴロも止んでしまいました。

また主人の携帯から電話
「どうだ、そっちは随分降ったか」
「一滴も落ちてないよ」
「なんだって〜、ベンスベルクは土砂降りで、雷が落ちて電車も止まってるのに」

ベンスベルクは私たちが住んでいる町から8kmほどしか離れてないのに、夫が車でその町を走っているとき土砂降りの雨だったという。。。


・・・今日はもう降らないだろう。。。


  

ってか

あれ
・・・・待てよ、
日本は日付が変わってるから・・・・こちらはまだ「今日」でも日本では「明日」になってるんだった。。。
なんだ、2連発じゃないじゃん。
・・・・・・・・・



                           

6月初旬のある夜、家のすぐそばの道端でばったり出会ったハリネズミさん。
画像

暗がりで、丸い物体が目の前をのそのそと通り過ぎようとしているので何かと思いました。
近寄ったらあちらもぴたりと止まり、さてどちらに逃げればいいかと思案しているようです。
おもむろにあたふたと走りだしたので「そんなことおっしゃらず、一枚だけ写真撮らせて〜」と、逃げるのを阻止しちゃいました。。。
写真を見たら、ハリネズミさんの目が私のことをじっと見てます。。。(クリックで拡大するとお目目がキロリンとなっているのがわかります。。。)やっぱり怒ってますよね。。。
そのあと車の来ない方へと誘導し、草の茂みに隠れたのを見送ってさようならしました。

                                   


落語の世界にも海外進出されてる方がいらっしゃいます。

6月26日に三遊亭竜楽さんの落語を聞きにいきました。
画像


会場となったのはケルンの天真会道場。
画像

竜楽さんのケルンでの公演は3度目ということでしたが、去年聞いた友人たちが「面白かったから今年は一緒にいらっしゃい」と誘ってくれました。

導入部分で語りのテクニックやきもの、羽織、扇子や手ぬぐいなどの説明を、これは通訳の方を通してされました。
ご存知のように、扇子は筆になったりお箸になったり、手ぬぐいは手紙になったりお財布になったりと、落語には欠かせない小道具です。
きものや羽織も表地は落ち着いた色の無地ですが、裏地にはかなり派手な模様が入っています。
見えないところでおしゃれをする、これが日本の美意識、江戸っ子なら「粋」ってことだったんですね。

下の写真では風呂敷を見せてくださってますが(写真が不鮮明ですみません)、竜楽さんですので竜の絵柄の渋い風呂敷をお使いです。
画像


最初の出し物は「味噌豆」
これを6ヶ国語(フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ドイツ語、英語)で丸暗記されたのだそうです。
勿論この日はドイツ語版を聞かせていただきましたが、ドイツ人にもウケテいましたよ。
オチのところでも皆さんちゃんと笑ってました。
CDも出されたそうで、こちらで少しだけですが試聴もできます。

「二人のよっぱらい」もドイツ語で演じられました。最後の「ちりとてちん」は日本語でしたが(時々ドイツ語も出てたかな)、最初に話の流れを説明されましたし、竜楽さんの絶妙の演技に「ここはこういう場面なんだな」と理解できているらしく、笑うところでちゃんと笑いがとれていたからすごいものだと思います。

今までにも何度かこちらで落語の公演を聞いたことがありますが、日本語で話されて、そのドイツ語訳をスクリーンに写すという方法でしたので、ご本人がその国の言葉で演じられるというのは初めて聞かせてもらいました。
何を言ってるんだろう?とスクリーンに気を取られていれば、落語家さんの演技を見ることができず惜しいことだと思っていました。
語り口(日本語)の面白さは外国語では表現しきれませんが、日本語で話しても結局聞き手には通じないのだし、6ヶ国語をソラで覚えて演ずるという竜楽さんの試み・挑戦は面白いと思いました。


                                   


前々回の記事で、庭園についての講演を聞いたことを載せました。
講演者は宝暦年間(1751〜1763)から続く植治11代目小川治兵衞氏の息子さんで小川勝章さんとおっしゃる方でした。
その時のお話の中で、特に「飛び石」については熱く語られていたように感じましたが、飛び石の配置にもちゃんと設計者の意図があるのですね。
どちらの庭園でしたか(メモをとってないと聞いた5分後には忘れてしまいます)、飛び石をたどって進んでいくと必ず立ち止まる石がある、と。
その石の上に立つと、それまで見えなかった風景が目の前に開けるからです、とパワーポイントで映し出された写真には涼しげな滝の姿が。
或いはお茶席での飛び石では、お正客だけが踏まれることになる石がある、など、飛び石はただそこに置かれているだけではないのだと、教えられました。

                                   

最近、寅さんの「男はつらいよ」のDVDを続けて何本か観ました。
昔はそれほど面白いとも思わなかったけど、今見ると心底笑えるから不思議です。
知らなかったのは、(って知らないことばかりですが)寅さんの本当のお母さんは関西人だったのですね!
ミヤコ蝶々さん演じるお菊さん。ご存知でしたか?
渥美清さんの演技が素晴らしいんですが、さくらやおいちゃん、おばちゃんもほんとにいいですね〜。
やっと寅さんの良さがわかりましたよ。。。
寅さん、遅ればせながら私も寅さんのファンの一人になりました。

                                   

7月10日
ヨーロッパ公演にいらしていた雅楽アンサンブルの公開リハーサルに行ってきました。
本番はケルンのとある教会で11日の夜に行われたのですが、前日のこのリハーサルは別の建物で行われました。
小さな部屋でしたので、笙や篳篥(ひちりき)の音が、鼓膜をびりびりと震わせて、ときに耳が痛くなるほどでしたが、いわゆるかぶりつき状態で(笑)、楽器についての説明もあったり、豊英秋(ぶんのひであき)先生の神楽を聞かせていただくこともできて楽しいひと時でした。30〜40人ほどの少人数でしたので、和やかな雰囲気でのリハーサルでした。
画像

肝心の本番は都合で行けず。あとで行った人に伺ったら、それはそれは荘厳で本当に素晴らしかったと。
行けなくて本当に残念でした。

その公演のあった11日の昼には時間がありましたので、ケルン市立図書館内に、わずかですが京都の小中学生の作品が展示されているのを見に行ってきました。
画像

画像



画像











今日もおつきあいくださって本当に有難うございました



ご訪問くださる皆様、気持ち玉を置いていってくださる皆様に、心からから申し上げます。





実はまだまだいっぱいあるんですけど・・・

って、もういいですね。はい、どうも〜


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 246
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
落語を外国語で聴いてみたら・・・他 夜はよもすがら -ヨーロッパの窓辺から-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる